Other
その他 レコーディング スタジオ SIGNALご利用アーティストのご紹介

SUPLIFE

『デュエット』という、J-POPシーンでありそうであまりない形態の、ハウス、R&Bをベースにした3人のユニットです。あくまでもPOPにこだわり、『DJ&TwinVocal』というクラブスタイルから『ギター& TwinVocal』というアコースティックスタイルまでこなし、場所やリスナーの年代に左右されることのない良質な楽曲製作、パフォーマンスを心がけ、都内を中心に活動しています。

写真右より
麻亜:Vo.Gho
美保:Vo.cho
ケンタロ:Gt、DJ、Program

その他詳細、最新情報は
SUPLIFE Official Web

2007年7月、M2Kというユニット名で活動を開始。
都内ライブハウスを中心に、SONYサマーフェスト、浅草吾妻橋フェスト、ガーデンウオーク幕張など、企業のイベント パーティ、インストアライブに精力的に出演。

結成より約8ケ月後の2008年3月19日、日本のハウスシーンをリードするユニットcargoのプロデューサー、gOkuをアレ ンジャーに迎えインディーズレーベルGo!Go!ReGOrdsよりファーストミニアルバム、 『Brandnewworld』(M2K名義)を発表。
椿屋四重奏、AIR、岩瀬敬吾などの有名アーティストとリリースタイミングを同じくするも、タワーレコードの予約 ウイークリー、ベストセラーのチャートにて堂々の1位を獲得。 リリース翌日、新宿MARZにてレコ発にして初のワンマンライブもチケットSOLDOUTにて終了。

その後、丸井デパート、銀座阪急モザイク、等のインストアライブや、かわさきFM、ニッポン放送デジタルラジオ モパHO !、FMたちかわ、POSHH!、などのメディアなどにも取り上げられる。

M2Kという同名のユニットが他に存在したため、ユニット名をSUPLIFEに変更し、 2008年5月、ユニバーサルミュージックの配信レーベル、e-SUMRECORDSと契約する。

2009年1月4日には東池袋ライズアリーナビルにある『あうるすぽっと』(300人収容のホール)でのワンマンライブを 完全自主企画し、チケットは前売りでSOLDOUT。ホームの池袋で厚い支持を受ける。


 リリースインフォメーション:

 

SUPLIFE着うたR、着うたフルR、『RBT』レコ直にて配信中 2009.09.02 待望のNEW Release!!!!

リード曲、『Dive Into Your Heart』は【レコチョク クラブ・うた】ダンスエレクトロニカ部門ランキングにて、初登場1位獲得!!&現在、6日間連続1位獲得!! 更に!!同ランキングにて9/8付けのウィークリーランキング1位獲得!! しかも!!9/3、4付けのランキングは上記2曲が1位、2位独占!!!


以下のQRコードから楽々ダウンロード


 

伊藤さとみ

その他詳細、最新情報は
ピアニスト伊藤さとみのオフィシャルブログ

伊藤さとみ

これまでにリサイタルや各種コンサートで、1000人を越えるソリストの共演ピアニストとして、あらゆるジャンルの管弦打楽器奏者や声楽家などの伴奏を行い、その精力的な活動は好評を博している。
ユーモアと魅力あふれるトークは定評があり、噺家 三遊亭栄楽氏より賞賛を頂く。

朗読では、朗読家 能祖将夫氏の指導のもと、ジャズピアニスト佐山雅弘氏・クラッシックピアニスト白石光隆氏と共に、2台ピアノと朗読のセッションによる動物の謝肉祭(全曲)の公演に出演。

コンサートの企画・運営のノウハウを生かし、若い演奏家の、リサイタル開催のコンサルタントも行う。
2010年リサイタルでは、村松崇継氏の作品の特集を行い、セッション・ドラマー増田博之、ベーシスト田村直也各氏との共演が好評を博す。

再演の希望に応え、2011年11月にピアノ・トリオとして、リサイタル開催予定。

デザイナー・アートディレクター中川英光氏と提携し「感動を生む魅力的なデザイン」をコンセプトにリサイタルのフライヤーデザインにも力を入れている。

 リリースインフォメーション:

 

洗練されたクオリティーの高い演奏が輝く

セッション・ドラマー増田博之氏と、

音楽性に溢れた、豊かな色彩で包み込む ベーシスト

田村直也氏。

トリオにて贈る、心ときめく至福のひととき。

どうぞ特別な一夜をお過ごし下さい。

<<前ページ                    次ページ>>